WordPress登録後の初期設定で必ずしておきたい5つを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
WordPress初期設定

WordPressに登録したけど初期設定がわからないよ

というお悩みを解決したいと思います

WordPresswを登録したのに情報がありすぎて初期設定がありすぎて「何から手を付けたらいいのかわからない?」という方が多いと思います

この記事では、WordPressを登録した後のブログの初期設定を解説してます

こんな人に読んでもらいたい
  • WordPressの初期設定が分からない
  • WordPress登録後は何をしたらいいの
  • 他に何か設定することがあれば知りたい

上記のようにWordPressにはたくさんの初期設定があります。その中でも最低限WordPressの初期設定に必要な5つを今回は解説します

まだブログを開設してない方は「【図解】エックスサーバーでワードプレスを始める方法を解説」で開設方法を載せているので、読んでください

では、早速はじめていきます

ジャンプできるもくじ

WordPress登録後の初期設定を5つ解説

ブログ初期設定画像1

まずは、必ずやるべきWordPressの初期設定5つあるので紹介します

WordPressの初期設定前のに行う5つのこと

  1. サイトアドレスの確認(必須!)
  2. パーマリンクの設定
  3. テーマの設定
  4. SSLの設定
  5. ブログの表示名の設定

この5つの方法はWordPressを始めるにあた初歩的な初期設定になります!

WordPressの初期設定その1:サイトアドレスの確認(必須!)

まず1つ目のWordPressの初期設定がサイトアドレスの確認になります!こちらは登録した後のアドレスに相違がないかの確認をするので必ずしください

STEP
一般⇨設定
初期設定
STEP
サイトアドレス(URL)

もし、登録したアドレスとWordPressのURLに相違があればWordPressを再インストールして下さい

ブログ初期設定1

※初期設定でサイトアドレスが間違ってる場合は必ず放置しないで下さい

WordPressの初期設定その2:パーマリンクとは?

WordPressの初期設定で必要なパーマリンクについて解説したいと思います

パーマリンクとは、簡単に説明するとURLのことです

申込22

図のように、勝手に数字が振り分けれられて自分でURLを決めなくていいので使い方によっては便利です

パーマリンクのデメリット

下書き保存するとパーマリンクが消えてしまう

というかなり欠陥てきなデメリットがありますが、ブログ初心者はこの初期設定をしておくことでリンクの作成の振り分けを忘れる確率が下がりますので必ず設定しておきましょう

パーマリンクの初期設定

では、WordPressのパーマリンクの初期設定を解説していきます

STEP
設定⇨パーマリンク
初期設定
STEP
「カスタム構造」

カスタム構造の中に%Post_id%と入力して保存をすると完了です

ブログ初期設定4

このWordPressの初期設定にしておくことで、勝手にURLにIDが振り分けてくれます

これで、パーマリンクの初期設定は終わりです。そんなに難しくなかったですよね?

WordPressの初期設定その3: WordPressのテーマの設定

次が、ブログ初心者が一番悩む初期設定だと思います

WordPressのテーマとは、WordPressのサイトのデザインや見た目を変えることができるファイルのことです

テーマの設定方法は以下の手順で設定できます

STEP
外観⇨テーマ
初期設定
STEP
「新しいテーマを追加」を選択
初期設定
STEP
「テーマのアップロード」⇨「ファイルを選択」を選択
初期設定

今回は有料テーマWordPressテーマと有料テーマと無料のテーマのメリット・デメリット

まずは、代表的なWordPress有料テーマと無料テーマの違いをまとめてみました

スクロールできます

無料テーマのメリット

  • 初期コストがかからない
  • サイトの数が無限に利用できる
  • WordPressブログの練習・マスターするのに最適

無料テーマのデメリット

  • 選べるテーマの種類・機能が少ない
  • サポートがない
  • セキュリティが有料版に比べて劣る

有料テーマのメリット

  • 選べるWordPressテーマ数が豊富
  • デザイン・SEO対策ごとにテーマが選べる
  • 検索エンジン上位表示されやすい

有料テーマのデメリット

  • 費用がかかる
  • 複数サイトで利用できるか注意が必要
  • 無料版と比べて設定が難しいテーマがある

WordPress初期設定の段階で有料テーマに変えておくことは、勇気がいると思いますが予算がある方は検討してみてください

SSL化とは

まずは、SSL化が何かを解説したいと思います

SSL化とは、簡単に説明すると WordPressなどのブログ(サイト)を「暗号化」することです

WordPressの登録後の初期設定の段階では、URLが「http」になっています

ブログ初期設定6

上図のように「https」にすると自分のサイトにセキュリティがかかり個人情報の抜き取り防止をふせぐことができます

WordPress登録後の初期設定には必ずしておきましょう!

SSL化の設定方法はエックスサーバーロリポップは僕のサイトの申し込みの手順の中に記載しているので、読んでもらえると分かりやすいと思います

WordPressの初期設定その4:SSLの設定

SSL化の初期設定はとても簡単です

手順は以下の通りです

STEP
設定⇨一般
一般設定
STEP
「WordPress アドレス」と「サイトアドレス」をhttp⇨httpsに変更
初期設定

以上の手順でWordPress登録後のSSL化の初期設定は完了です

ニックネームの設定

最後にWordPressの初期設定で変更するべきことはニックネームの設定です

WordPressの初期設定その5:ニックネームの設定

WordPressのニックネームの初期設定方法は簡単なので大丈夫だです

では、早速設定をしてしきます

STEP
ユーザー⇨プロフィール
初期設定
STEP
編集
初期設定
STEP
「ニックネーム」と「ニックネーム」の変更
初期設定

初期設定でニックネームで好きな「ブログ上の表示名」を入力してください

WordPressの初期設定で済ませたい面倒臭いこと2つ

WordPressには少し面倒な初期設定がややあります

そのなかでブログ初心者でも今すぐでもできるWordPressの初期設定を2つだけ解説したいと思います

1.プラグインの導入

プラグインとtは、通常の WordPressにない「新しい機能を追加します」よってことのがプラグインです

とても便利なプラグインですが、デメリットもあります

プラグインのデメリット
  • 導入しすぎるとサイトが重くなる
  • レイアウトが崩れる可能性がある
  • 何をいれたかわからなくなる

なので、最低限必要なプラグインだけいれておくことをおすすめします

ブログ初心者が必要なプラグインはブログ初心者におすすめのプラグイン11選紹介 | おっちょんぶろぐこちらにまとめてるのでよければ参考にしてください

2.サンプルページの削除

WordPressを最初に開いて投稿ページにある「サンプルページ」ですが、こちらは不要なので削除します

僕はそのページが無いのでここからは手順だけ解説したいと思います

サンプルページの策上方法

「投稿」⇨「投稿一覧」⇨「サンプルページ」⇨「赤色のゴミ箱へ移動をクリック」⇨「上部のゴミ箱を選択」
「サンプルページを選択」⇨「完全に削除する」で完了です

この流れで削除できるので、「サンプルページ」を削除して下さい

これで、WordPressの初期設定は以上です。この5つの方法だけは必ず抑えてください

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました

今回は「【簡単】WordPressブログを開設後の初期設定5つを解説」というテーマで書いていきました

WordPressの初期設定は最初はブログ初心者の方には慣れないのでぶっちょけ難しいですがまずは、この5つの設定を終わらせておけば大丈夫です

初心者ブロガーさんはこれからがスタートです。もし、登録後に分からないことがあればいつでも戻ってきてください

今回はこの辺で終わりにしたいと思います。ありがとうございました

まだブログを開設してない方は「【図解】エックスサーバーでワードプレスを始める方法を解説」で開設方法を載せているので、読んでください

WordPress初期設定

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできるもくじ