【超必須級!】ブログ初心者におすすめのプラグイン11選紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
プラグイン

WordPressを始めたブログ初心者でもおすすめのプラグインって何かあるのかしりたいよ?

という疑問い今回は解説いたします

この記事では、WordPressブログを始めたばかりでプラグインが何か分からないくて困ってませんか?

この記事でわかること

・プラグインとは「WordPressの機能を拡張すること」です
・導入する際の注意点を解説
・おすすめプラグイン11選紹介

ブログ初心者さんの方が最初のほうに壁にあたる難所だと思います

WordPressを利用するにあたり、プラグインはとても便利な機能です

そして、今回は導入必須6選!僕が便利だなと思ったプラグイン5選の合計11選のプラグインを紹介します

是非、最後まで読んでください!

ジャンプできるもくじ

プラグインとは?

プラグインの新規画面

プラグインとは「WordPressの機能を拡張させるもの」です

簡単に説明すると「WordPressに新しい機能を追加します」ってこと!

プラグインには

・画像を軽くさせたい!=表示速度が早くなるプラグインを入れる
・問い合わせを簡単に作りたい=簡単に問い合わせが作成できるプラグインを入れる
・日本語にしたい=日本語にできるプラグインを入れる

上記はあくまで一例ですが、このように簡単に解決できるのが「プラグイン」です

補足ですが、WordPressが世界中で一番利用されている理由がこのプラグインの自由度の高さです

導入する際の注意点

プラグインをインストール際に注意しなければならない点がありますので解説しておきます

注意するプラグイン

例えば、上図のように「最新更新が3年前」となっている場合、セキュリティ上に不安性があるのでインストールは避けた方がいいです

数ヶ月前とかであれば問題はないのですが、今回の場合は明らかに放置されすぎてるのでこのようなプラグインはインストールするのはやめておきましょう!

プラグインの入れ過ぎは重くなる

プラグインを大量に入れすぎるとページが重くなる要因になります

できるだけユーザーは早く見たいので軽くしないといけません

なので、プラグインの入れ過ぎには注意してください

不要なプラグインは無効化ではなく都度削除しましょう

そして、再度使う機会があればダウンロードしましょう!

ブログ初心者におすすめプラグイン11選紹介

導入必須のプラグイン6選

最初に導入必須のプラグイン6選を紹介をします

1:お問い合わせフォーム「Contact Form 7」
2:SEO対策「All in One SEO Pack」
3:サイトマップを作成「XML Sitemap」
4:画像ファイル軽量化「EWWW Image Optimizer」
5:バックアップ「BackWPup」
6:セキュリティ対策「SiteGuard WP Plugin」

1:お問い合わせフォーム「Contact Form 7」

コンタクトフォーム7

Contact Form 7は、お問い合わせフォームを作成するためのプラグインです

訪問者側が入力

・メールアドレス
・問い合わせ内容
・訪問者の名前
・電話番号

など様々な項目を設定することができます。

メリット

・問い合わせを作成することでユーザーが安心して見れる
・記事に誤りがあれば指摘がくる
・企業からの仕事の依頼が来るかも!

聞いたことしかないですが、問い合わせフォームを設置すると企業から「HPを作成してください」と依頼が来た人もいるそうです

ちなみに、その噂話がつい2023年8月23日に、僕のところにもきました!

「他では紹介してASP紹介します」「Tiktokの動画編集しませんか?」等3社ほどきました!Googleアドセンスの審査も通りやすくなるみたいです

つまり、インストールして損はないということです

2:SEO対策「All in One SEO Pack」

All in One SEO Pack

All in One SEO Packは、SEO対策の代表的なプラグインです。ユーザー数も300万人を超えており、SEO対策の中では世界中で使われているプラグインです

初心者でも簡単にインストールして、有効にするだけで使えます

メリット

・SEO対策が簡単にできる
・初心者でも使いやすい

3:サイトマップを作成「XML Sitemap」

XML Sitemap

XML Sitemapは、検索エンジン向けの「XMLサイトマップ」を自動で作成・送信してくれるプラグインです

XMLとは、Googleの検索エンジンに見せるものです。通常はインデックスされないとGoogleの検索結果に表示されません

サイトマップを導入することで、本来は自分でやらないといけないコードを書く作業も不要になり、初心者の方でも簡単にxmlサイトマップを作成・送信できます

メリット

・XMLサイトマップが簡単に作れる
・コードを書く作業がなくなる
・Googleから見つけやすくなる

4:画像ファイル軽量化「EWWW Image Optimizer」

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは、WordPressに画像をアップロードする際に軽量化するプラグインです

実際にWordPressを利用してみるとわかるのですが、大量な数の量の画像を利用します。画質もほぼ変えずに軽量化できるのがEWWW Image Optimizerです

ブログが重いとユーザーのストレスになる原因になり、ユーザーが離れていく可能性もあるので、なるべく画像は軽量化しておきましょう!

メリット

・画像が軽量化できる
・画質もほぼ変わらない
・ブログを少しでも軽くできる

5:バックアップ「BackWPup」

BackWPup

BackWPupは、バックアップをしてくれるプラグインです。有効化するだけで、自動バックアップできるようになります

メリット

・自動でバックアップができる

6:セキュリティ対策「SiteGuard WP Plugin」

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginは、セキュリティ対策のプラグインです。セキュリティが不安だなという方はSiteGuard WP Pluginで強化しておいた方がいいと思います

「不正ログイン」「管理ページへのアクセス」「コメントスパム」などの攻撃を防ぐことができます

レンタルサーバーによっては、最初から搭載されているのもあるのでセキュリティを気にするのであれば消さないほうがいいです

メリット

・セキュリティを強化できる
・不正ログイン・WordPressの管理ページのアクセスの攻撃を防げる

以上の6つのプラグインは、必ず導入しておいた方がいいでしょう!

おすすめのブラグイン5選

次に僕が個人的に導入しておいて便利だなと思ったおすすめプラグイン5選を紹介します

7:文字化け対策WP MULTIBYTE PATCH」
8:テーブル表の拡張
Flexible Table Block」
9:Googleツール連携
Site Kit by Google」
10:記事のランキングを作成WordPress Popular Posts」
11:自動で目次を作成
Easy Table of Contents」

7:文字化け対策WP MULTIBYTE PATCH」

WP MULTIBYTE PATCH

WP MULTIBYTE PATCHは、日本語の文字化け対策のためのプラグインです有効にするだけで、全角文字の文字化けを防いでくれます!

文字数カウント」のエラーも減るので、とりあえず導入しておくだけでいいと思います

他にも以下のようなバグが解消されます

・トラックバック機能の文字化けを防ぐ
・メールの文字化け解消
・日本語に対する不具合がなくなる

レンタルサーバーによっては、導入されてるのもありますのでインストールされてる場合はそのままで大丈夫です

メリット

・日本語に文字化けが防げる
・バグが解消される
・文字数カウントのエラーが減る

8:テーブル表の拡張Flexible Table Block」

Flexible Table Block

Flexible Table Blockは、テーブル表の機能を自由自在にカスタマイズできるプラグインです

このテーブルをもう少し見やすくしたいな、エクセルならできるのになぁ…

と思うときに、便利な機能です。以下の図のように簡単に作成することができます

テーブル(例)

思い通りにテーブルが作れないと思った場合はFlexible Table Blockを使ってみてください

メリット

・テーブル表が自由自在に作れる
・思い通りにテーブルが作成できる

9:Googleツール連携Site Kit by Google」

Site Kit by Google

Site Kit by Googleは、サイトとGoogleを連携させるためのGoogle公式プラグインです。「アナリティクス」「サーチコンソール」とも連携できます

初心者の方は設定も不安だと思いますので、設定の手間がなく安心して使えるのがSite Kit by Googleです

SEOプラグイン等の設定も不要で、コードやIDをわざわざ入力する手間もなく自動で設定してくれます

こちらも、レンタルサーバーによっては自動的にインストールされている場合はそのままで大丈夫です

メリット

・「アナリティクス」「サーチコンソール」とも連携できる
・設定の手間不要でSEO対策もできる

10:WordPress Popular Posts(記事のランキングを作成)

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Postsは、あなたのWordPress内の人気記事の一覧を表示することができるプラグインです

導入すれば、あなたのサイトで「どの記事が一番読まれているのか」を自動でランキング形式でわかるようになります

配置の場所は自由に設置できるのですが、よく見かけるのが「サイドバー」「記事の下」に設置されてるかたが多いです

「表示形式」「表示数」も自由自在にカスタマイズできるので、ぜひ使って見てください

メリット

・人気記事がすぐにわかる
・ランキング形式で表示されるので読者に読まれやすい
・自由自在にカスタマイズできる

11:自動で目次を作成Easy Table of Contents」

Easy Table of Contents

Easy Table of Contentsは、目次が自動で作成できるプラグインです。H1〜H6タグまで表示できます

WordPressのテーマによっては自動的に作れますが、無料のテーマの場合はこちらの目次をおすすめします

作成した目次が以下のようになります

目次

このように目次も細かく表示されるので、読者も見やすいと思います

もし、自動で目次が反映されない場合はこのEasy Table of Contentsを使ってみてください

メリット

・目次が自動的に作成できる
・H1〜H6タグまで目次設定できる

以上でおすすめプラグイン11選を紹介は以上となります

最後にアップデートの通知が来た場合は、必ず更新またはアップデートをしておきましょう!

まとめ

最後まで、読んでいただきましてありがとうございました

今回は、おすすめプラグイン11選を紹介しましたプラグインとは「WordPressの機能を拡張するもの」「プラグインの入れすぎは注意」「導入するべきプラグインは6個」この3つを抑えておいてください

とりあえず、WordPressに入れておいて有効化すればどうにかなりますが、不要なプラグインは削除してください

次のステップはブログで書くことがない時の対策とネタの探し方!です

プラグイン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできるもくじ